文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

卒業生の活躍

Graduation Activities
2018.10.16看護学科

田邉 絢さん(四国がんセンター勤務 / 愛媛大学付属高校出身)

看護学科卒業 
田邉 絢さん
(四国がんセンター勤務 / 愛媛大学付属高校出身)

現在のお仕事の内容を教えてください。

病棟看護師をしています!入院されている患者様の治療、検査が行えるようにし、日常生活援助、点滴や採血を行っています⭐

この職業を選んだきっかけを教えてください。

人と関わる仕事、人の役に立つ仕事をしたいと思っていました。長く仕事をしていたいと思い、出産等があっても現場復帰しやすい職業であったので選びました🎵

魅力ややりがいを教えてください!

毎日患者様の状態は変化して、患者様の状態に合わせてスタッフ全員で看護、医療を提供しています。患者様や家族の方にありがとうと言っていただいたときや、笑顔を見た時にやりがいを感じます😌

大変だと思うことやつらいことを教えてください。

患者様が治療の副作用や病気の症状が出現している時に、症状緩和ができないときや患者様の気持ちを汲みとれないときが一番つらいです。精神的、身体的にしんどいときに、自分の気持ちや症状をあまり口に出されない方だと、普段の変化にいち早く気付けるよう心がけています。治療や疾患等の理科をしないとその変化に気づけない為、自己研鑚をしていかないと看護につなげられないことが大変です。

在学中に覚えた知識や技術の中で
特に役に立っていることを教えてください。

実習の時に、優しさだけや援助をすべてすることが看護はできるものではないと指導をもらったことです。患者様にとって必要な援助とはなにか、考えるときに医療者として患者様の言葉を聞き、状態をアセスメントして個別性のある看護につながると教えてもらったことです🌟

在学中の思い出は?

国家試験勉強が思い出深いです‼国家試験の勉強をするときに、学年全体で頑張ったこと、1人では辛かったときも一緒に頑張る仲間を見て、自分も頑張ろうと思えました✨みんなで励まし合いながら、先生方にもサポートをしていただいて、必死に勉強しました!実習では、勉強させていただいた患者様のおかげで今があると思っています。患者様にあなたのおかげで治療を頑張ることができましたと言っていただき、嬉しかったことを覚えています😌

専門学校に進学してよかったと思うことは?

実習が多いことや自分のやりたいとこが明確で同じ目標を持った人が集まるため、意識を高く持つことができました!大学に比べ、人数も少ないため、先生と生徒の距離も近く、サポートをしてもらいやすかったです◎

また他の学校に比べて、社会人入学者が多かったので幅広い年齢層の方と過ごすことで考え方や視点を知ることができました🍀行事も多く学生としての思い出が沢山あることや他学科の学生、先生との交流がしやすかったです😆先生方も親身になってサポートしてくれたのも、よかったです!!!

この職業を目指す人にアドバイスをお願いします!

看護師の仕事は、たくさんあります❣病院見学へ行ったり、実際にどんなことをしているのかを見てほしいです✨命を預かる仕事で責任を感じる事がありますが、本当にやりがいのある仕事です!

💛予約はこちらから💛

【オープンキャンパス】 https://medical.kawahara.ac.jp/oc

【個別相談 】http://www.kawahara.ac.jp/conference/