河原医療大学校は修学支援制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

心と身体の両面からサポートするリハビリの専門家

作業療法学科

3年制|専門士
職業実践専門課程認定|修学支援新制度対象機関

心と身体の両面からサポートするリハビリの専門家

作業療法学科

3年制|専門士
職業実践専門課程認定|修学支援新制度対象機関

作業療法士ってどんな仕事?

「日常動作支援の専門家」

「日常動作支援の専門家」

作業療法士はリハビリのプロであり、活躍する場所は病院・介護施設、福祉施設など様々。また医療系国家資格でもあるため、とても安定しています。

治療対象は、幼児からお年寄りまで幅広く、年齢や症状に応じた治療・介助を行なうことができます。医療専門職として医師の指示のもと、患者・入所者の身体機能の改善、心のケア、住環境の整備、福祉用具の指導などを行います。

患者さまに寄り添い、その人らしい生活を獲得するため心と身体の両面からサポートする作業療法士を目指します。

作業療法士が行うリハビリテーションの主な目的は、「日常生活をスムーズに送るための複合的動作を可能とする訓練を行うこと」

作業療法士が行うリハビリテーションの主な目的は、「日常生活をスムーズに送るための複合的動作を可能とする訓練を行うこと」

日常生活をスムーズに送るための支援を行うリハビリテーション職。「基本動作」の延長である「応用的動作」のリハビリテーションを行うお仕事です。また心の病に対しても治療を行うというのが、理学療法士にはない作業療法士の特徴です。

“指を動かす・食事をする・入浴をする・料理を作れるようになる”などといった(作業)、日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。

患者さんの趣味・嗜好を考慮しながら、応用動作ができるようリハビリ・サポートすることで、機能回復に加えて、患者さんが生き生きと生活していけるよう精神面(こころ)のサポートまで行う役割を担っています。

【解説】理学療法士・作業療法士の違い

リハビリ系で進路を考えている方は「理学療法士」「作業療法士」で迷う人も多いはずです。いずれも、病院や施設など、医療~福祉の分野で幅広く活躍するリハビリテーション職ですが、違いをはっきり知っている人は少ないですよね・・・。
こちらの記事では「理学」「作業」それぞれどんな事をしているのか、どのような違いがあるのか、それぞれの役割を紹介しています。

作業療法学科 4つの特長

2023年度

国家試験合格率

(全国平均84.4%)

0 %

就職内定率

0 %
1

災害支援を専門講師や
シミュレーション体験で学ぶ

近年多発している災害時において、リハビリテーションが被災地支援に果たす役割、災害支援の重要性を学びます。

2

時代のニーズに合わせた
特長的なカリキュラムで学ぶ

心と身体のリハビリを行う作業療法士。日常生活の支援が必要な人を対象に作業療法士は幅広く関わります。愛媛大学医学部の協力のもと解剖学実習を行い身体の構造などを学ぶだけでなく、レク リエーションや手工芸、園芸、ゲームを使った治療方法なども学びます。その他にも高次脳機能トレーニング(※1)のソフトを使い、リハビリや認知症予防のアプローチ方法なども身につけます。

※1 日常的に生活を円滑に過ごす為の様々な脳の働き(バランス)を維持するトレーニング(認知症ほか)

3

知識を定着させる!
充実の国家試験対策

国家試験対策教員による一人ひとりに合わせた指導を行うだけでなく、外部講師を招き国家試験対策講座を実施し万全の体制で国家試験に臨みます。また当校ではピア・エデュケーションを取り入れ、国家試験までクラスメイトと協力し支え合いながら学習していきます。学生同士で教え合うことが理解を深め、知識の定着につながります。

4

就職内定率100%
多方面に広がる活躍のフィールド

作業療法士は身体障がいだけでなく、精神領域のリハビリにも携わります。治療対象は子どもから高齢者までと幅広く、身体障がい 領域・発達障がい領域・精神障がい領域・老年期障がい領域・訪問 リハビリテーションなど、様々な場所で卒業生が活躍しています。

充実したカリキュラムで成長が実感できる

3年間のステップ

基礎医学を学び、作業療法士の業務・役割を理解します。また専門知識や技術を学び、作業療法士として必要なコミュニケーション能力を磨きます。

1年次

作業療法士の役割や基礎知識、専門基礎分野を身につける

基礎医学を学び、作業療法士の業務・役割を理解します。また専門知識や技術を学び、作業療法士として必要なコミュニケーション能力を磨きます。

主なカリキュラム

2年次

治療領域別に学び、臨床実習に向け理論と実技を定着させる

さまざまな疾患を治療領域別に学び、専門知識や技術の向上を図ります。また評価実習では、作業療法士の役割や業務内容を理解します。

主なカリキュラム

3年次

臨床実習と国試対策で作業療法を総合的に理解する

臨床実習では、様々な疾患に対する評価方法を経験し、実践と考察を通して実践力を身につけます。またグループ学習や対策セミナーなど万全な「国家試験対策」で国家試験に挑みます。

主なカリキュラム

一週間の時間割例

  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
1限目
9:10~10:40
運動学 解剖学 リハビリテーション概論 作業療法概論 人体の構造と機能
2限目
10:50~12:20
運動学 解剖学 公衆衛生学 作業療法概論 解剖学演習
3限目
13:10~14:40
生物学 社会学 リハビリテーション医学 基礎作業療法セミナー 情報科学
4限目
14:50~16:20
基礎作業学 基礎作業学演習Ⅰ 基礎医学セミナー 基礎作業学演習Ⅱ 医学英会話
5限目
16:30~18:00
基礎作業学 基礎作業学演習Ⅰ 作業療法評価学 基礎作業学演習Ⅱ 社会学

※横にスクロールできます。

PICK UP 授業

基礎作業学

「心が動けば身体も動く」これは作業療法の格言。心を動かすための様々なアクティビティ体験を通して作業療法の基礎を学びます。

レクリエーション論

治療的レクリエーションを体験しながら、実施による効果、患者さんへの指導法、プログラム立案方法などを学びます。

作業療法関連セミナー

実習で担当した症例の発表を行い他者から意見を受けることで改善点や新たな視点の発見につなげるとともに、クラス内で臨床経験の共有を行います。

住環境論

日常生活を回復するために住環境の基本知識と障がいにあわせた環境設備の理論を学びます。

義肢装具学

疾患と補装具との関係性、効果や適合、応用について学びます。また義肢装具を作製し、製作技術も身につけます。

臨床実習

実習を通じて学内で学んだ知識と技術を定着させ、実践力を身につけていきます。

資格・就職

国家試験合格率

0 %

2023年度実績(全国平均84.4%)

取得可能資格

作業療法士の国家資格があれば、「介護」、「福祉」、「リハビリ」、「教育」分野で患者・入所者の生活改善を担うスペシャリストになれる!

医療分野

病気やケガで心身に障害を負った患者に作業療法を施し、社会復帰できるようにします。

就職先

福祉分野

体が不自由なお年寄りや障がい者のご家族に、住環境の整備や福祉用具の指導などを行います。

就職先

介護分野

介助が必要な入所者に対して、作業療法による治療・リハビリを施し、機能改善を目指します。

就職先

教育分野

発達障害をもつ子どもに遊びや作業活動などを通して、発達に必要な情報・体験を積み重ね、社会適応能力を高める支援を行います。

就職先

就職実績(過去実績一例 順不同)

在校生・卒業生インタビュー

佐々木 知穂さん(聖カタリナ学園高校出身)

祖父母が入院した際、作業療法士の方がリハビリをしている姿を見て自分も人の役に立ちたいと思い希望するようになりました。入学後、これまで以上に勉強する習慣が身につき積極的に質問するなど成長できていると感じています。クラスは協力し合い、助け合いながら学ぶことができとても良い雰囲気です。これからはじまる臨床実習に向けて日々学習に取り組み、しっかりと知識・技術を習得していきたいです。将来は患者さんだけでなくご家族の支えにもなれる作業療法士になります。

【動画】作業療法士を「目指したキッカケ」「どんな作業療法士になりたい?」

作業療法士の現場で働く卒業生からのメッセージ

社会医療法人 北斗会 大洲中央病院

三好 祥平さん(三瓶高校出身)

作業療法士は、たくさんの人を笑顔にできる職業

私は脳神経外科・整形外科・外科、急性期から在宅までと幅広く色々な疾患を対象にリハビリを実施しています。現在、回復期病棟でリハビリをさせていただいており、患者さまの「できない」を「できる」に変えられる様、病院の基本方針でもある良質で安全な医療を提供しています。作業療法士は、たくさんの人を笑顔にできる職業だと思います。できなかった事ができるようになり笑顔になっていただく。そのときに、頑張ってよかったと思い自分自身も嬉しく感じます。私自身、仕事をしていてそこにとても魅力を感じます。

医療法人 順天会 放射線第一病院

加藤 美法さん(新田高校出身)

もっとスキルアップしていきたい!

入院されている患者さんに対し退院後も安心して生活していけるように、動作指導、日常生活動作の練習、福祉用具の選定、住環境の整備などを行っています。それぞれの患者さんの生活背景を踏まえた作業療法を進めていき、無事に退院されることにとてもやりがいを感じています。また患者さんの多くは人生の先輩であるため、作業療法を通じて関わる中で為になる話や興味深い話を聞けることも魅力に感じています。現在、作業療法のスペシャリストに与えられる「認定作業療法士」の取得を目指しています。道のりは長いですが、スキルアップできるよう頑張ります。

教員紹介

臨床・教育経験豊富な教員から知識や技術をしっかりと学ぶことができ、学習・生活・就職など、皆さんが抱える様々な悩みや不安を傍で支え、医療専門職への夢をサポートします。

【学科長】大島 行博

担当

・解剖学(心臓 脳 循環器)
・解剖学演習
・作業療法概論Ⅳ(研究法)
・検査測定演習Ⅰ(反射 関節可動域 徒手筋力検査 片麻痺機能検査 身体計測)
・老年領域作業療法治療学
・身体領域作業療法治療学Ⅲ(整形)

皆さんにメッセージ

社会は作業療法士を非常に求めてくださっております!みんなで尊い日々を重ねて、困った方々を幸せにしていきましょう!学科を信じて歩んでくださいね!

趣味

犬(トイプードル)と過ごすこと、家族でドライブ(道の駅を巡るのが好きです)、キーボード演奏 将棋

岩﨑 洋司

担当

・基礎作業学演習Ⅰ
・基礎作業学演習Ⅱ
・身体領域作業療法治療学Ⅰ
・身体領域作業療法治療学Ⅲ
・地域作業療法技術論
・地域作業療法技術論演習
・作業科学
・作業療法関連セミナー
・作業療法セミナーⅡ

皆さんにメッセージ

作業療法士は、リハビリテーションの仕事です✨病気やケガで障害を持ってしまった方々を治療・支援する仕事です。 将来、障害者や高齢者を治療・支援する仕事をしたい方はぜひ、目指してほしいと思います。

趣味

趣味は、ツーリングとドライブです‼‼

丹生谷 拳志郎

担当

・病態学概論
・精神医学Ⅰ
・リハビリテーション概論
・神経内科学
・作業療法概論Ⅲ
・作業技法Ⅴ
・作業療法治療学Ⅴ

皆さんにメッセージ

作業療法士は人を助け、支える素晴らしい仕事ですよ! これからの3年間があなたの将来の宝物となるように全力でサポートさせて頂きます★よろしくお願いします!

趣味

釣り🎣、家庭菜園、占い(練習中)、パワーストーン集め

施設・設備

機能訓練室/2号館 6F

病院や施設等で使用する平行棒・階段・トレーニング機器による身体機能回復を練習します。

木工・金工・陶工室/2号館 2F

作業療法で行われる木工や金工などの創作活動を体験し、リハビリ効果や指導方法を学びます。

織物・手工芸・絵画室/2号館 2F

革細工、タイルモザイク制作などを通じてモノづくりの喜びや 楽しさを学びます。

日常動作訓練室/2号館 3F

一般家庭の部屋やキッチン・トイレ・浴室などの生活空間を再現した教室で日常動作訓練を修得します。

図書室/本館 1F(全学科)

専門書籍1万冊以上を収蔵し、研究・調査だけでなく、自習スペースとして利用できます。

学生ホール/本館 8F・2F(全学科)

ランチや放課後の学習に利用できるスペースです。

オープンキャンパスに
参加しよう!

実際に校舎の実習室・教室など、設備・施設を見学して、学校のイメージをふくらませよう!
在校生スタッフもいるので、キャンパスライフや授業の雰囲気など、皆の気になることを何でも聞けます!
お忙しい方は平日夜・休日の個別相談をご利用ください。

近日開催予定