河原医療大学校は修学支援制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて
オープンキャンパス
資料請求
個別相談

卒業生の活躍

Graduation Activities
  • ホーム
  • 卒業生の声
  • 大林 祥平さん(松山赤十字病院勤務 / しげのぶ特別支援学校出身)
2021.09.24診療情報管理学科

大林 祥平さん(松山赤十字病院勤務 / しげのぶ特別支援学校出身)

診療情報管理学科卒業 
大林 祥平さん(松山赤十字病院勤務 / しげのぶ特別支援学校出身)



現在のお仕事の内容を教えてください!

主な業務は、ICD-10のコーディング業務やがん登録業務などをしています。

お仕事の魅力ややりがいを教えてください!

すぐに形になって表れるものではないですが、コーディングは、データ抽出などで研究に役立っていると思うと、日々頑張ろうと思えます。がん登録では、全国のデータ元となっているものを扱っているので、正確に業務することを心がけています。

就職してから頑張ったこと、また大変だったことはありますか?

就職してから、自己学習でがん登録初級の試験を受験したことです。診療情報管理士認定試験より専門的な内容なので、覚えることが多く、業務との両立が大変でしたが、合格した時は大変嬉しく思いました。

在学中に学んだことで役に立っていることはありますか。

コーディングやがん登録を行っていく中で、たくさんの医療用語を目にしますが、学生時代の試験勉強で学んだことを活かしています。しかし、もっとちゃんと学生時代に勉強していたら良かったな、と思う時の方が多いです。

今後の目標や夢を教えてください。

まだまだ社会人としても医療人としても足りない事ばかりなので、日々勉強して自分自身の知識を増やしていきたいです。そして、何より元気に毎日楽しく過ごしていこうと思います。