文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

学科紹介

DEPARTMENT

歯科技工学科

4年間かけて身に付ける、現場で必要な「技術・知識・態度」

歯に詰めるもの、かぶせるもの、入れ歯、矯正装置など、患者様の口腔内に装着するものを作るのが歯科技工士の仕事です。また、最近では病気や事故などで顔面などに欠損を生じた時、人工物(エピテーゼ)によって形態と機能の回復を図る技術など、活躍の場は拡大しています。

学科紹介県内唯一の養成所として、これからの歯科技工士を育成します!

POINT1開校以来、歯科技工士の国家試験合格率は100%

一期生から4年連続で国家試験合格率は100%。これは愛媛県立歯科技術専門学校時代からの教育ノウハウを活かした指導体制と、県の歯科技工士会や歯科医師会とのつながりが強い証拠でもあります。国家資格を取得した卒業生は日本全国で活躍しています。

POINT2愛媛県内で唯一の歯科技工士養成所

県内の歯科技工士を集めた、講演会やセミナー・勉強会を開催しています。海外の動向や新素材、新技術を勉強することで県内の歯科技工業界全体のレベルアップを図っています。その場所に学生も参加できるのは、最新の設備・施設を備えた本校だからこそできる大きなメリットです。

POINT3歯科用CAD/CAMなど最新・最高の設備で学ぶ

近年の歯科医療は、新しい素材の開発や技術革新が行われるとともに、コンピュータ支援により安全・安心な歯科治療が提供されるようになりました。歯科技工においても、コンピュータを利用して設計し、そのデータで加工する技術が導入されました。最先端の技術を、現場経験豊富な卒業生が指導します。

POINT4中四国の専門学校で唯一!
「顎顔面技工実習」と海外で活躍する技工士によるセミナー

腫瘍や事故、病気や怪我によって失われた顔の一部に生体用シリコンを用いて補いうエピテーゼ。本校では中四国では唯一「眼を含む顔面エピテーゼ」の制作実習を行います。また海外で活躍するトップレベルの歯科技工士をお招きして講演会やセミナーを開催。新素材、新技術を勉強し愛媛の歯科技工業界のレベルアップを図ります。

POINT5開校以来、6年連続で就職率100%

県立歯科技術専門学校時代からの歯科技工士会、歯科医師会との太いパイプを活かして、県内外の技工所や歯科医院へ就職しています。学生一人ひとりに寄り添った就職活動で夢を実現します。歯科技工の技術は世界共通。アメリカ カリフォルニアの技工所へ就職内定した卒業生もいます。チャンスは世界中に広がっているのです。


目指す職種・取得目標資格

取得目標資格

  • 歯科技工士

取得目標資格

  • 歯科技工士国家試験受験資格
  • 専門士(医療専門課程)

授業紹介最高、最新の設備と施設で専門知識と技術を磨く

有床義歯技工学実習

歯が欠損した口腔の形態と機能を回復、改善するための全部床義歯の基礎技工技術を学びます。前歯部は審美性および発音機能、臼歯部は咀嚼機能を重視した人工歯の排列を行います。

顎顔面技工実習

顎顔面欠損を有する患者様のために、歯だけでなく、欠損部の栓塞、発音・言語・咀嚼審美性の回復を図る技工装置の製作を学びます。

矯正歯科技工学実習

不正咬合の治療に用いる装置の原理・構造・製作法を学びます。ワイヤー屈曲は重要な基本技術で、設計通りに屈曲する技術を習得します。

CAD/CAM実習

歯科医療に大きな変革をもたらしている歯科用CAD/CAMシステムを学内実習に導入し、オペレーション能力の高い歯科技工士の育成を図っています。この実習では一連の流れを体験します。

企業奨学金制度

大手歯科技工会社では、将来の歯科技工士育成の為、返還免除となる奨学金制度を設けています。規定された期間を企業で働くことが条件となりますが、学費負担を軽減しながら国家資格を修得できます。

和田精密歯研 株式会社

  • 貸与対象者:
    ①歯科技工士養成学校へ入学が決定した方
    ②歯科技工士養成学校の最終学年に進級が決定した方
    ※会社の選考試験に合格し、かつ連帯保証人が必要となります
    ※他の奨学金との併用可
  • 奨学金貸与:一律700,000円
  • 返還免除:会社が指定する事業所において卒業後3年間の就労で免除。

株式会社 シケン

  • 貸与対象者:
    ①歯科技工士養成学校へ入学が決定した方
    ②歯科技工士養成学校の最終学年に進級が決定した方
    ※会社の選考試験に合格し、かつ連帯保証人が必要となります
    ※他の奨学金との併用可
  • 奨学金貸与:一律700,000円
  • 返還免除:会社が指定する事業所において卒業後3年間の就労で免除。

学べる内容

1年次

歯科医学をはじめ、歯の解剖学や歯冠技工修復学など、歯科技工士としての基礎の知識と技術を習得します。

2年次

義歯を実際に製作します。実習を中心に、さらに技術を高める1年間です。国家試験合格に向けての最終仕上げです。

1年次 2年次
外国語
歯科技工学概論Ⅰ・Ⅱ
全部床義歯Ⅰ・Ⅱ
造形美術概論
歯科理工学Ⅰ・Ⅱ
部分床義歯Ⅰ・Ⅱ
関係法規
歯の解剖学Ⅰ・Ⅱ
歯冠修復技工学Ⅰ・Ⅱ
顎口腔機能学
小児歯科技工学
部分床義歯
歯冠修復技工学Ⅲ
歯科技工実習
歯の解剖
矯正歯科技工学
全部床義歯
歯冠修復