文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

学科紹介

DEPARTMENT

診療情報管理学科

学科紹介 

愛媛県唯一の診療情報管理士の養成認定校!!!
3年間で上級資格である、医療事務・医療秘書・診療情報管理士の資格取得を在学中に目指します。

医療機関で働くために必要な知識とスキルを現役の医師から学ぶ授業や資格を取得します。

診療情報管理士の具体的な仕事とは・・・

①診療録の点検・管理
病棟からカルテや看護記録、検査記録などを集め、足りない書類がないか、
記録に誤りがないかを点検します。

②コーディング(疾病分類)
診療録(カルテ)に記載されている病名を世界保健機構WHOの定めるコードに
書き換えて登録します。

③がん等各種疾患登録
がんなどの各種疾患譲歩をデータベースに登録することで、患者数や生存率、
治療効果など、疾病対策の実態把握のために活用されています。

④データ分析・情報開示
医師や経営者の指示のもと、診療情報の分析・統計データの作成などを行います。
また診療情報の開示請求に対する対応なども行います。

POINT1上級トリプル資格取得を目指す

医療事務・医療秘書・診療情報管理士のトリプル資格取得はもちろん、医療事務に必要な【診療報酬請求事務能力認定試験(医科)】や【医療事務管理士】、また医療事務系以外にも情報技術系の国家資格【ITパスポート】の取得も在学中に目指します。

取得資格

  • 専門士(医療専門課程)

取得目標資格

  • 診療情報管理士
  • 医療秘書 準1級・2級・3級 など
  • 診療報酬請求事務能力認定試験(医科)
  • ITパスポート(国家資格)
  • 医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)
  • 医療事務管理士
  • 医療事務OA実務認定試験
  • 電子カルテオペレーション
  • サーティファイ(Excel、Word、Access)
  • 電卓検定
  • 硬筆書写検定
  • 文書検定

目指す職業

  • 医療事務:病院や診療所で患者様の受付や会計、レセプト業務(診療報酬請求)を行います。
  •  
  • 医療秘書:医師や看護師のサポート、スケジュール管理や各種データの整理、電話対応などを行います。
  •  
  • 医療クラーク:病棟内のナースステーションに常駐し、入院用のカルテ作成や入退院の手続きなどを行います。
  •  
  • 診療情報管理士:カルテやデータを管理するスペシャリスト。医師が必要とする診療情報を整理したり、患者様へ情報公開の窓口にもなります。

POINT2求められている人材なので就職に有利

診療情報管理士を雇用している病院には保険上の優遇措置など病院側にも大きなメリットがあります。それに対し、この資格を持っている人が全国的に少なく、必要な存在になっているため就職にとても有利です。

仕事内容・就職先・待遇の比較
  医療事務・医療秘書 診療情報管理士
初任給 12~17万円 17~22万円
就職先 クリニック・個人病院 国立病院・大学病院・専門医療機関
構成比 女性9割・男性1割 女性7割・男性3割
参考:診療情報管理士の初任給例
https://kyuryobank.com/iryo/shinryojohokanri.html

POINT3医療機関で働く事務スタッフとして+αの知識とスキル取得ができる

6学科併設だからこそ!他学科教員から医療知識技術が学べる

本校では6学科併設のメリットを活かし、他学科教員から学ぶ授業を取り入れています。
看護概論やリハビリテーション論など、医療知識や技術を専門教員から学ぶことにより知識を身につけ、幅広い活躍を目指します。

現場で活躍している現役医師・診療情報管理士から学べる

愛媛大学医学部付属病院などの現役の医師から、実際の医療機関で必要な基礎知識を学びます。医療論や臨床医学概論などの専門的な授業を臨床経験豊富な医師から直接受けることができるのは、愛媛では一般社団法人日本病院会に認められた本校だけです。

また全国で約70名しかいない診療情報管理士指導員を招いた実践的な授業を行っています。
世界保健機構(WHO)が作成したコード表「ICD-10」を使用したコーディング(分類)を学びます。

医療系専門学校だからこそ!医療機関との繋がりで充実の実習環境

愛媛大学医学部付属病院や愛媛県立中央病院、松山赤十字病院など規模の大きな病院での実習は、総合力を身につけるとともに就職にも有利になります。県内最大規模の医療系専門学校のメリットを最大限に発揮し、看護や理学、作業の各学科の実習や就職での繋がりのある医療機関との連携が活かされています。

また、河原学園内で就職をサポートする、就職キャリアセンターがあるので万全の就職支援体制があります。学生1人1人の希望に合わせてきめ細やかな対応を行い、就職率100%を目指します。

授業紹介

医事コンピュータ実習

医療事務論で学んだ医療費計算のルールを確認しながら、レセプト(病院の請求書)を作成し、医事コンピュータの基本操作や知識を学びます。

電子カルテ実習

電子カルテの基本的な操作や入力方法を学び、医師事務作業補助者(医療クラーク)の実務に必要なオペレーションスキルを身に付けます。

ITパスポート試験対策

医療機関ではカルテ(診療録)の電子化やIT化が進んでいます。患者様の情報を取り扱う医療機関に必要なセキュリティやネットワークについて学習します。

コーディング実習

カルテ(診療録)に書かれている病名を、世界保健機構(WHO)の定めた分類方法(ICD-10)でコード番号にします。病気の分類やコード化のルールを学びます。

患者接遇

病院事務スタッフとしての患者様に対する接し方・関わり方を学びます。言葉遣いや表情を意識しながら、実際に受付カウンターを使用して演習を行います。

臨床医学各論

病気の原因や症状・治療方法を学ぶことでカルテ(診療録)に書かれている病名と薬や検査などの治療内容が結びつきます。

カリキュラム

1年次

医療事務や実際に医療現場で使用される医事コンピュータなどの知識・技術を身に付け、病院管理など診療情報管理業務に必要な知識を習得します。

2年次

より専門的な診療情報管理や医事業務の知識と技術を養います。病院での実習も始まり、学校で学んだ知識を活かして実践力を身に付けていきます。

3年次

医療の質を向上・改善する役割の包括治療費支払い制度(DPC)について学びます。診療情報管理士認定試験に向けての対策授業で総仕上げを行います。

分野 1年次 2年次 3年次
一般課程 情報技術論Ⅰ・Ⅱ
コミュニケーション論Ⅴ
情報技術論Ⅲ
情報技術論Ⅴ
コミュニケーション論Ⅱ・Ⅳ・Ⅴ
情報技術論Ⅳ・Ⅴ
コミュニケーション論Ⅲ・Ⅴ
医療専門課程 医療論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
医事コンピュータ演習
コミュニケーション論Ⅰ・Ⅳ・Ⅴ
臨床医学総論
医療管理総論
臨床医学各論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
医療管理各論Ⅰ
医療秘書論Ⅰ
医療秘書論Ⅱ
医療論Ⅳ
チーム医療論Ⅰ・Ⅱ
臨床医学各論Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ・Ⅷ
病院実習
医療クラーク論Ⅰ・Ⅱ
介護事務論Ⅰ・Ⅱ
電子カルテ演習
チーム医療論Ⅱ
病院実習
臨床医学各論Ⅶ
DPC演習
診療情報専門課程   医療管理総論
医療管理各論Ⅰ・Ⅱ
医療情報学
診療情報管理論Ⅰ・Ⅱ
医療統計学
国際疾病分類概論
分類法Ⅰ・Ⅱ