河原医療大学校は修学支援制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて
オープンキャンパス
資料請求
個別相談

新着情報

NEWS RELEASE
2020.05.25新着情報

PT・OT専門基礎科目模試 優秀者インタビュー

先日、全国模試の結果を速報でお伝えしましたとおり、理学療法士・作業療法士の
専門基礎科目模試において当時1年生のクラスが全国で5年連続で1位! 
2年生のクラスが全国2位でした!

今回は個人でも10位までに入った成績優秀な学生に勉強をする上で大変だったところや
特に力を入れて頑張ったことなど、インタビューを行いひと言で答えていただきました。

全国平均が32.7点中、95点を取って個人でも第1位に輝いた河野さんからどうぞ。

第1位
河野 誉世さん 3年
(新田高校出身)

基礎3科目のうち、神経分野は中枢神経と末梢神経に分かれて
いて様々な役割があり、一つ一つがとても深いので難しかった
です。特にこの分野に力を入れて勉強しました。


第2位
髙橋 傳生さん 3年
(今治西高校出身)

得意な生理学に加え、運動学の勉強を頑張りました。2年生
が1年生の指導をする科目があり、どう教えれば理解しても
らえるか考えることが難しかったです。


第2位
沖田 直也さん 2年
(今治精華高校出身)

3科目の中で心電図、歩行、筋肉の収縮様式の単元が難しかっ
たです。また班学習を取り入れているので、他の学生に勉強を
教えないといけなかったので大変でした。


第4位
藤田 颯志さん 2年
(東温高校出身)

自分は筋系統が苦手なので特に頑張りました。今年は落ち着
いて問題を解くことができなかったので、来年こそはクラス
1位を目指して勉強します。


第4位
増田 遥子さん 2年
(今治明徳高校出身)

もともと勉強が苦手だったので、全体的に頑張りました。身体の一つ一つの機能や構造を理解し、自分の知識にすることが大変で一番難しかったことです。


第6位
中島 龍輝さん 2年
(聖カタリナ学園高校出身)

模擬試験の基礎3科目の範囲が広く、知識を定着させることに
時間がかかり難しかったです。特に苦手なところを何度も反復
して勉強して頑張りました。


第7位
重松 良輔さん 3年
(松山東高校出身)

実習が終わった直後の模擬試験だったので、過去に学んだ内容の復習をしっかり行いました。中でも苦手な泌尿器系の分野の勉強に時間をかけて頑張りました。


第10位
小倉 京香さん 2年
(聖カタリナ学園高校出身)

運動学は基礎が理解できていないと解けないので苦労しました。
解剖学は覚えることが多く、それぞれの役割や名称をイメージや
絵で覚えるように工夫しました。


第10位
山田 知季さん 2年
(済美高校出身)

筋の知識を身に付けることを頑張りました。免疫の内容が自分は苦手だったので難しかったのですが、クラスみんなで協力してしっかり勉強できました


みんなそれぞれが苦手な分野を克服して頑張ることで、好成績を収めることができました。インタビューでも
あったように、班ごとに競い合って勉強することで競争意識が芽生えます。また班の中でお互いに勉強してき
たことを教えあうということは、自分自身がしっかり勉強をして理解していないと教えることができません。
ここでしっかり知識の定着につながっていくのです。

 

まだ学生生活はまだ2年、3年と続きますがますます精進して、理想の理学療法士になれるように頑張ってください。教職員一同、心から応援しています。